男性ホルモンと勃起の関係。テストステロンがとっても重要!

年齢と共に衰えを感じていませんか?

ドーパミンと性行動

男性ホルモンのひとつテストステロンが勃起に関してとても重要です。
脳内にて、ドーパミンが性行動を促進的に、反対に、セロトニンは抑制的に働きます。
男性ホルモンとドーパミンが合わさってはじめて、ホルモンの作用が発揮されます。
この男性ホルモンは脳内だけでなく、脊髄の一番下の仙髄にも結合物質をもっており、仙髄の勃起中枢にも深く関与します。
精巣から分泌されるテストステロンが不足してくると、勃起がうまくいかないことがわかってきました。
男性ホルモンは脳に作用し、SEXをしたいという欲望を起こさせます。
そして、このホルモンが、脳や脊髄の勃起・射精中枢に作用して勃起を促すわけです。
勃起がどうしておこらないという方は、もしかして脳や脊髄、神経が損傷しているかもしれません。
また心理的ストレスも原因になります。
そして、加齢。歳を重ねると、どうしても血管系の老化も進みます。
それがが勃起しにくい原因となります。

男性ホルモンの摂取が効果的

最近、この男性ホルモンのテストステロンが中枢や末梢において重要な働きをしていることがわかってきました。
加齢により勃起しなくなったら、根気よく男性ホルモンを飲み続ければ効果がでてくるということです。
① テストステロン >>>
まだ記事がありません。申し訳ありません。
② ドーパミン >>>
まだ記事がありません。申し訳ありません。
③ セロトニン >>>
まだ記事がありません。申し訳ありません。
④ 仙髄 >>>
まだ記事がありません。申し訳ありません。
自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする