勃起ってどうやって起こるの?仕組みを学んで、楽しいSEX!

僕たち自身のことなのに、あまり理解していない勃起の仕組みをお話します。

僕たちの大切な相棒・ペニスはどうして勃起するのでしょうか。
他の記事でも既に書いておりますが、おさらいです。

脳からペニスへ

ペニスが勃起するには、先ず脳が性的に興奮しなければなりません。
その興奮を引きおこす引き鉄となるのが、視覚、聴覚、嗅覚、触覚、空想・妄想 などによる性的刺激です。
女性の裸を見ることはもちろん 、SEXへと誘うようなセクシーな声、そそる臭い、これらも性的刺激となります。
この文章を読んで、セクシーな声やエロい女体が脳裏に思い浮かんだかたもいると思います。
脳が空想を始めました。
少し刺激を与えるだけでも、僕たち男性の脳はエロい妄想を開始ます。
このような性的な空想・妄想、そして直接的なペニスへの刺激、これらも脳を興奮させます。
この脳の興奮が背骨の中を通っている脊髄神経を伝わり、骨盤内の神経を経由して、ペニスの勃起神経へと伝わります。
そして、勃起への反応が起こります。

信号がペニスに届くと

脳からの興奮がペニスの勃起神経に届くと、ペニス内の海綿体に張り巡らされている螺旋状の平滑筋がゆるみます。
そのことにより、海綿体のなかに大量の血液が流れ込んでいきます。
刺激を受けていない状態の海綿体は、フワフワしたスポンジ状で、内部に小さな空洞が沢山あります。
そこが血液で流し込まれパンパンになることにで海綿体はギンギンに硬く膨らんできます。
しかし、水分を含んだスポンジを思い浮かべていただければわかるように、スポンジ自体に保水能力はありません。
硬さを維持し続けるには、入ってきた血液をそこに保持しておく必要があります。そこで重要なのが、海綿体の周囲を包んでいる白膜(はくまく)です。
海綿体が膨らむと、この白膜がひきのばされ海綿体の内部から出て行こうとする血流を堰き止めます。
流出はとめますが、動脈からはドクドクと血液は入ってこようとします。そうして海綿体の内部圧力が上昇していき十分な硬さになります。

ペニスが萎えるのは

射精後などにペニスが萎えるのは勃起神経への興奮が下がり、上記の一連の流れが止まり、海綿体へ流入する血液量が減るためです。
内部圧力が低下し、血液は流れだし、やがてしぼんで行きます。

まとめ

漠然とは理解していたとは思いますが、あまり考えたことはなかったとのではないでしょうか。
勃起に至る仕組みはご理解いただけたでしょうか。
SEX前のいい雰囲気の時に、「僕の脳が君のエロさに刺激を受けて、信号をペニスが受信したようだ。血液がペニスに集まってきたぜ!」なんてことを言うと、きっと女性に引かれますので慎みましょう。
平滑筋とは...
筋肉には2つの種類があることをご存じでしたか?
白膜とは...
白膜とかいて”はくまく”と読みます。 解剖用語のひとつです。 器官の表面を包んでいる厚みのある強い膜です。

自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする