ヨヒンビン製剤とは…

ヨヒンビン製剤ってご存知ですか?

血液中のホルモンの分泌は正常なのに、どうしても勃起しないという勃起不能 (インポテンツ) 、あるいは勃起しても、いざ 挿入となると萎えてしまう。
僕たち中高年になると現れる症状のように思われますが、意外にも若い人にもみられる症状です。
その原因としてはストレスなどによる神経性、また糖尿病など慢性病の影響があります。
加齢は多くの原因のうちのひとつの要素です。
この人たちは勃起中枢神経を刺激する精力剤を服用することで症状が治ります。
この勃起中枢を刺激するのが塩酸ヨヒンビンというわけです。

ヨヒンビンは何からできているのか

ヨヒンビン製剤は人工的に化学合成されてつくられた物質です。
もとになっているのは、ヨヒンビンという西アフリカ地方にしか生えていないアカネ科植物ヨヒンベの木の樹皮や葉の中に含まれている物質です。
このヨヒンビンは西アフリカの人たちが、催淫と強精の目的で古くから愛用してきました。
これを人工的に精製したのが塩酸ヨヒンビンです。

ヨヒンビンはどのように作用するのか

僕たち男性はエロい事を大脳が察知すると、脳の前頭葉にある勃起中枢神経が刺激され、そこから仙髄にある勃起神経に命令が届き、ペニスが勃起します。
勃起不全の人は大脳が察知しても勃起中枢の働きが弱いため、勃起命令を出せないわけです。
塩酸ヨヒンビンは勃起中枢を直接刺激し興奮状態にさせます。
その刺激がそのまま仙髄に届き、ペニスの血管を拡張させ勃起させます。

ヨヒンビンはどのくらいで効果がでるのか

バイアグラよりも前から厚生省がインポテンツ治療薬として認めており、その効き目は抜群。
しかしどの療法にも言えることですが効能には個人差があり、ある人は一回服用しただけで即効き目が現れ、また別の人は二週間位飲み続けてやっと効果が現れてきています。

ヨヒンビンとの相乗効果でさらにUPするものとは

この塩酸ヨヒンビンが勃起力をたかめるのに対し、射精力をたかめるのが硝酸ストリキニーネです。
この二つの物質を同時配合することによって効果はグレイドアップし副作用も軽減され安全性はたかまります。
更に、男性ホルモンの入った製剤と併用すれば効果は更に上向きます。

注意が必要な方もおります

しかし高血圧のかたはちょっと注意が必要です。
塩酸ヨヒンビンは一種の血管拡張剤ですなので、服用すると最初は血圧は下降しますが、次第に上昇 し心臓が動悸を打つようになります。
なので高血圧症の方は不向きです。
しかし、用法用量さえちゃんと守って服用すればあまり心配ありません。
 
 
 

自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする