SEXは基本的な欲求です。堂々とこの欲求を満たす努力をしましょう!

人にとっても、SEXは基本的な欲求です。
誰もが当たり前に持っている欲求です。
恥ずかしがらないで、堂々とこの欲求を満たす努力をするべきだと思います。

図のピラミッドの一番下、生理的欲求、僕たちは、これが満たされなければ生命の維持が不可能となります。一般的な動物がこのレベルを超えることはほとんどありません。
しかし人間はこの欲求階層にとどまることはありません。
つまり、生理的欲求が満たされた後に次のステップがあるとも言えます。
息をし、お腹を満たし、渇きを潤し、出すものを出し、よく眠り、そして満たされたSEXをする。
性生活を充実させることはとても大切であるということが言いたいわけです。

年のせいで諦めて欲しくないんです。
自分の身体の欲求が満たされないと、社会への貢献も難しくなるのではないかと思います。
性生活が改善せれたことによって、人からの信用や、社会的な地位も変わってくることはよくあることです。
以上
興味のある方、暇な方は、下記の文章も読んでくださいね。

マズローの欲求5段階説

第5段階: 自己実現の欲求 (Self-actualization)
第4段階: 承認(尊重)の欲求 (Esteem)
第3段階: 社会的欲求 / 所属と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)
第2段階: 安全の欲求 (Safety needs)
第1段階: 生理的欲求 (Physiological needs)

第1段階: 生理的欲求

生理的欲求は人を動機付ける最も根源的な欲求。
・酸素
・食物
・飲料
・排泄
・睡眠
・性
など人の生命維持に関わるものが生理的欲求にあたります。

第2段階: 安全の欲求

飢えなどの生理的欲求がある程度満たされると、この「安全の欲求」が現れます。
・身の安全
・身分の安定
・他人への依存
・保護された気持ち
・不安、混乱からの自由
・構造、秩序、法、制限
などを求めるのが安全の欲求です。
第1段階の生理的欲求と同じくらい安全の欲求は強いものだとされています。

第3段階: 社会的欲求 / 所属と愛の欲求

生理的欲求と安全の欲求が満たされると、「所属と愛の欲求」が現れます。
・孤独や追放された状態を避ける
・根無し草で生きている状態を避ける
・家族や恋人、友達、同僚、サークル仲間など共同体の一員に加わりたいと思う
・周囲から愛情深く暖かく迎えられたいと思う
以上のようなものが「所属と愛の欲求」です。

第4段階: 承認(尊重)の欲求

「所属と愛の欲求」が満たされると、今度は「承認の欲求」が芽生えてきます。「承認の欲求」は言い換えると、「尊厳の欲求」や「自尊心の欲求」とも呼ばれています。この承認の欲求は2つに分かれます。

①自己の自己に対する評価の欲求
強さや達成、熟達、能力への自信、独立や自由など、自己をより優れた存在と認める、自尊心とも言えるものへの欲求

②他者からの評価に対する欲求
評判や信望、地位、名誉、優越、承認、重視などを求める欲求

この承認の欲求が満たされると、自分は世の中で役に立つ存在だという感情が湧いてきます。
逆に満たされないと、焦燥感や劣等感、無力感などの感情が現れてきます。

第5段階(超越的でない)自己実現の欲求

「自己実現の欲求」とは、人が潜在的に持っているものを開花させて、自分がなり得る全てのものになり切りたいと感じる欲求です。
つまり、より一層自分らしく生きたい欲求のこと。

第6段階(超越的な)自己実現の欲求

マズローが晩年に発見した「超越的な自己実現の欲求」。
「超越的でない自己実現」と「超越的な自己実現」を分ける最大の特徴は「至高体験」の有無です。

・超越的でない自己実現者
自己実現はしてるものの至高体験がほとんどない自己実現者

・超越的な自己実現者
至高体験を持つ自己実現者「自己超越」は、”目的の遂行・達成のみをピュアに求める” という領域を指し、見返りを求めず、自我を忘れてただ目的のみに没頭する様を指します。

マズローいわく「自己超越」の領域に達することができるのは全人類の2%程度とのことで、第6欲求の実現を目指すのは稀なケースとされています。

アブラハム・ハロルド・マズロー(Abraham Harold Maslow)

1908年4月1日 – 1970年6月8日 / アメリカ合衆国の心理学者。
ニューヨーク州ニューヨーク市ブルックリン区に生まれ。
人間性心理学の最も重要な生みの親とされている。
これは精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」として、心の健康についての心理学を目指すもので、人間の自己実現を研究するものである。
彼は特に人間の欲求の階層(マズローの欲求のピラミッド)を主張した事でよく知られている。

お疲れさまでした。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
精力とは関係のない記事でしたが、ちょっと書き留めておきたかったのでまとめてみました。

自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする