糖尿病とEDは密接な関係があります。血管内の糖分濃度にご注意!

勃起機能に障害をあたえる病気のひとつに糖尿病があります。

糖尿病によるEDの併発

糖尿病のかたで、EDを併発してしまうかたは3割~6割にもなります。
糖尿病でないかたと比べると、その数は2~3倍になり、100万人ほどいると言われています。
糖尿病のために血糖コントロールがうまくいっていないと、血管内を糖分濃度の高い血液が流れることになり、毛細血管が障害を受けます。
そして毛細血管を流れる血液から栄養や酸素を受け取っている神経もまた障害を受けてしまうことになるのです。
合併症として、動脈硬化も進行します。
このように、糖尿病になると血管と神経が障害を受け、神経障害が原因で脳の性的興奮がうまくペニスに伝わらなかったり血管の障害によって、海綿体への血液の流入がうまくいかなくなるってしまいます。
それにプラスして、糖尿病の方は合併症の予防や治療のために、多くの薬を飲むことになります。
その影響でによるEDの併発もあるとようです。

糖尿病の合併症

糖尿病にはさまざまな合併症があります。
神経障害、網膜症 、腎臓機能障害 等が主な合併症です。
そのなかでも神経障害は、最も高い頻度の合併症です。
とくに自律神経障害です。
その症状は全身に及びます。
・糖尿病の罹患期間が長い
・一日二十本以上の喫煙者
・インンスリン治療者
・起立性低血圧症や弛緩製膀胱、網膜症の合併症のある人
これらの症状のある人は特に勃起不全になりやすいのです。

なぜ糖尿病者は勃起不全になりやすいのか

なぜ糖尿病者は勃起不全になりやすいのでしょうか。
それは、糖尿病のために長期において高血糖の状態が続くと、神経線維の減少により線維密度が低下します。
神経内の低酸素状態などにより陰茎の知覚が鈍くなったり、海綿体に分布する神経が障害を受けます。
それが原因となり勃起障害がでてくるのです。

勃起不全の改善策

勃起不全になる主な原因は陰茎をコントロールする血管が障害を受け、血管が細くなるためです。
血管拡張薬 (プロスタグランデイン) の投与で改善されることからも明らかになっています。
血糖値が高くなったかたが、食事療法や運動療法により調節しようとしても数値が下がらないと場合は、医院を訪ねると思いますが、そこでインスリンの内服や注射をすると、ほとんどのかたが勃起しなくなってしまい、挿入ができなくなってしまいます。
射精しているような感覚はあっても、精液はでてきません。
マスタベーションとしてもも、ほとんど勃起せず射精もありません。
それでも精液は作られ溜まっていきますので、射精障害になると精液は膀胱に逆流することになります。
膀胱に入った精液は放尿の際に尿と一緒にでてきます。
それは尿が白く泡立つことで確認できます。

糖尿病の方は神経、血管が障害されてEDがおきるということをご説明しました。

では対策はないのでしょうか。
インスリン以外の方法によって血糖値を適正に維持することです。
血管系とはあまり関係のない漢方の精力剤で対応する方法が有効です。
糖尿病は生活習慣から来る病気なのですから、ご自分の努力で軽減できるのです。

自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする