知っているようで意外としらない バイアグラ

実は、バイアグラは勃起させる薬ではないんです!
元々は違う用途で開発されました。

バイアグラは勃起を長続きさせる薬です。
バイアグラは勃起させる薬ではありません。
では、何のための薬なのでしょう。
実は、勃起を長続きさせるための薬です。なので、勃起しない人 (勃起不能) には全く効果がないのです。
ある程度勃起する人、途中で中折れしてしまう人にしか効果がありません。

勃起はどうやっておこるのか
ピクリともしないと言う方はバイアグラに手をだす前に、男性ホルモン剤や漢方の精力剤を服用して正常な状態に戻すことが必要となります。
いきなりバイアグラを飲んでも何の効果もありません。まず勃起のメカニズムを理解することが大切だと思います。
バイアグラはホスホジエステラーゼという酵素を阻害する物質です。
つまり勃起を邪魔する物質を取り除くということになります。

勃起は視覚、嗅覚、聴覚、触覚などの性的刺激や陰茎の性的刺激により、連絡役のNOという物質が放出されます。

それがグアニール酸シクラーゼという酵素を活性化させ、陰茎海綿体を弛緩させます。
そこで陰茎の筋肉が緩むので海綿体の中に血液が入り、勃起します。

実は勃起時のあなたの”Jr”の中は血液でパンパンなのです。
勃起を持続させる物質は体内にもともと存在します。
しかしそれは分解されやすい物質なのです。

そこで、バイアグラはその分解を阻止するというわけです。
従って、勃起が持続できるということになります。

性欲のない方や、性的刺激に興味のない人がバイアグラ を飲んでも、何の効果もありません。

元々は狭心症の薬として開発されました。
もともとバイアグラは狭心症の薬として開発されていました。
その経過のなかで、陰茎の血管を拡張させて勃起させる作用のあることが発見されたのです。
飲み方
・バイアグラを服用するのは行為一時間前がいいです。
・空腹時のほうが効果はあります。
・服用は一回一錠です。(効かないからといって二錠飲むのは危険)
・お酒を飲んだ際には使用を避けましょう。
注)このような症状がでたら使用をさけましょう。
・気分が悪くなる。
・頭痛や顔のほてる。
・消化不良
・視覚以上(光に過敏になる、周囲の色が変化して見える)
注)バイアグラを使用してはいけない人がいます。
・過去にバイアグラを飲んでアレルギーをおこしたかた。
・硝酸剤 (狭心症の治療に使われているニトログリセリンなどを飲んでいる人)
・NO供与薬を使用しているひと。
・心臓血管系に障害のある人。・重症の肝臓病の方。
・低血圧の方。『バイアグラを飲むと血圧は下がります』(上90未満、下50未満)・高血圧の方(上170以上)・過去に脳梗塞、脳出血や心筋梗塞をおこした方。
 
 
 
 

自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする