女性の身体のことも知っておきましょう

パートナーの身体のことも考えていますか?
SEXを楽しむなら、自分のことだけでなくパートナーの身体の変化も理解していなければなりません。
閉経前後の女性についてお話します。

女性も 更年期にはいると、頭痛やめまい、動悸、胃腸不調、腰痛、手足のしびれなどという身体の状態から、不眠、いらいら感といった 心的な症状など、いわゆる更年期障害があらわれてきます。
そのような症状と同時に、卵巣の機能が低下するために女性ホルモンの分泌も低下してきます。

更年期と性欲

女性ホルモンの分泌量がが低下してくると性欲が減少したり、不感症になったり、膣を潤す愛液の量も減ってきます。
このような状態にもかかわらず無理にSEXをしようとすると快感は得られず、逆に苦痛となってしまいす。
更年期になると女性は一種の性不能状態になるのです。
女性は更年期を経て閉経しますが、そこでSEXができなくなるわけではありません。
それどころか、性欲を抑える働きを同時に持っていた卵巣の機能が閉経とともに低下するために、性欲を促すアンドロージェンというホルモンが活躍するのです。
そのために、閉経からの約12年~13年が、その女性の生涯のなかで最も性欲の高まる時期だといえます。おまけに生理が終われば妊娠の心配がなくなります。
これを読んで、あなたの脳裏にはこの言葉が浮かんだのでは?『生入れ中出しOKじゃん!』真面目な話をしていても、僕たち男性は常にこんな事を考えてしまいます。しょうもない生き物ですね。

ホルモンの補充療法

・更年期のホルモン分泌量低下による不感症
・若い女性でホルモンの少ないことからおきる不感症、これらに対しては女性ホルモンを補充することによって治すことができます。「ホルモンの補充療法」といわれる治療です。
・男性ホルモンを多様すれば女性でもヒゲが濃くなります。
・女性ホルモンを男性に投与すれば乳房が大きくなります。
これらのことからもわかるように、ホルモン補充療法は非常に効きがよく効果も抜群な療法です。
ちなみに、この療法は、連続服用を継続することが肝腎です。
余談ですが、精力剤の分野だけでなく、美容の分野でも利用されおり、米国元大統領が常に男性ホルモンを補充することで若さを保っていたのは有名な話です。
「ホルモンの補充療法」は、更年期の症状が改善されて肌や膣に潤いがでてきます。女性ホルモンは効きがよく、閉経して五年ほど経った女性でも、また生理がはじまる事があります。
塗り薬もあります、必要な時に必要な量を塗ることができるます。
そして非常に効果的です。

若さをとりもどす効果

女性がホルモンの分泌低下により 不感症や冷感症になった場合は女性ホルモンを補充すると、若いころのような状態を保つことができると同時に、肌の色つやや肌のはりにも非常に効果的だということです。
化粧品を多用するよりも目に見えて効果が出てきます。

ホルモン剤の種類・用法

塗布タイプのホルモン剤は、陰部に塗りこむことにより、皮膚粘膜から体内に吸収される仕組みになっています。
クンニなどで陰部に愛撫し陰部を十分湿らせておいてから塗れば効果的です。
SEXをする5~10分前に米粒くらいの量をクリトリス中心に塗るだけです。
陰部がムズムズしてきて、火照ったような感覚になってきて、少しの刺激でも敏感に反応するようになります。
これらの塗布剤は匂いもなく、あなたの口にはいっても無害です。
座薬のタイプもあります。普通座薬は肛門に入れますが、ホルモン剤の座薬は膣にいれます。
これはSEXの15~60分前に膣内の奥深く挿入しておきます。
膣の内部で溶けて女性ホルモンが吸収されます。
性感が高まるだけでなく締まりもよくなるようです。
主成分のエチニールストラジオールは膣を刺激して膣口の締める力を強くする働きがあるといわれ、産後の女性が使用することもあります。
こちろん更年期後の女性にも最適 です。
自己紹介

 

当ブログ
アラフィフだって、まだまだイケる!
の管理人”すすむ”です。
ここまで読んで頂きありがとうございました。
まったく自信がなかった男が、
充実した生活をおくれるまでになった、
僕の自己紹介ページがございます。
こんな男が書いてます^^
こちらからどうぞ!

ランキングバナーも”ポチ”っとお願いします。
⇙ ⇓ ⇘

ランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする